自分も数年後まさか…?!こんなあなたは薄毛予備軍!

初期症状を知って対策を考えよう

薄毛予備軍かもしれないとわかったら対策を立てるけれど、まさか自分はと考えてしまうことはよくあります。薄毛は早めに対策を立てるのが大切なので、予め初期症状を知っておくのが大切です。男性の場合には特に前髪の生え際と頭頂部に着目するのが重要になります。少し前髪が後退してきたかもしれないと感じたり、つむじの肌がよく見えるようになってきたりしたら危険信号です。数年後にはM字脱毛やO字脱毛がはっきりと見てわかるようになってしまうかもしれません。また、髪の毛が全体的に細くなってきていたり、部分的に産毛が見えるようになってきたりするのも薄毛予備軍の特徴であり、速やかに対処しなければ全体的に髪が減ってしまうリスクがあります。

症状に応じた対処が大切

薄毛予備軍としての症状が出てたときには、その状況に応じた対処を選ぶことが大切です。前髪が後退しているときにはAGAの可能性が高いので速やかにクリニックに相談に行くのが賢明と言えます。薬を処方してもらって飲んでいれば進行を止められる可能性が高いからです。つむじの肌が見えるようになってきた場合や、全体的に髪の毛が細くなってきた場合については栄養や血行が不足しているケースが大半を占めています。タンパク質や亜鉛、鉄分などが不足していて栄養不足で髪の毛が十分に成長できないと起こりやすい症状です、このような栄養素を摂取するだけでなく、血行を促進して栄養を行き届かせられるようにするために運動をする習慣を作ると良いでしょう。

女性の抜け毛の病院をお探しなら、専門医のいるヘアメディカルクリニックを受診すると良いです。原因を突き止めて治療してくれます。